ここでは、交通事故により背骨をお怪我をなされた場合に考えられる代表的な後遺障害について解説いたします。

背骨のお怪我による後遺障害

 背骨とは、頭と首の付け根から骨盤までを通る一本の骨のことで脊柱と呼ばれています。脊柱は、椎骨(脊椎骨)がつながるように構成されており、その部位は、頸椎、胸椎、腰椎などに別れて概念されています。

 脊柱のお怪我では、圧迫骨折や破裂骨折による器質的損傷がある場合、後遺障害が認められ得ます。

 脊柱の後遺障害としては、身体を曲げる角度(可動域)が元に戻らないという運動障害、また、奇形となってしまった場合に認められ得る変形障害、また、身体を支えることんが困難となる荷重障害が考えられます。

 その他、脊柱を構成する脊椎骨から出ている神経根が圧迫されると神経に障害を起こす場合が考えられますが、この場合は、背骨の後遺障害と分けて対応を検討する必要があります。

背骨(脊柱)のお怪我に関する解決実績

名古屋で交通事故の無料相談は相和法律事務所へ!0120-336-239